​​
自分でできる特許分類コードFIを使った無料の特許検索調査方法
FIの抽出
参考、類似の特許から特許分類コードFIの見当をつける
「特許分類コードFIの抽出」
参考、類似の特許から特許分類コードFIの見当をつける
「特許分類コードFIの抽出」
特許分類コードFIの抽出ができたら
「FIを使った特許・実用新案のキーワード検索​」
特許、実用新案の検索ができたら
「検索結果一覧からの特許の絞り込み」
​​オフラインで読める!
無料 PDF版 ダウンロード
※メルアド登録をお願いしています。

(1)類似の特許を検索し、対象とするFIを抽出する。

 

 

今回は例として、

「使うときだけガードが立ち上がり、カッター使用時の指のケガを予防する安全ガード定規」

というアイディアが抵触する特許や実用新案が無いかを調べます。

 

▲安全ガード定規▲

「トップページ」から「特許・実用新案検索」ページに進みます。

※「トップページ」>「特許・実用新案」>プルダウン「特許・実用新案検索」の順にクリックします。
 

 

▲「特許・実用新案検索」ページに進みます。▲

□特許(特開・・・) にチェックを入れ、下にスクロールし、

 

検索キーワードの入力欄に進みます。

 

▲特許にチェックして下にスクロール▲

検索項目「要約/抄録」の検索キーワード欄にキーワードを入力、

 

検索方式を「AND」に変更して、「検索」ボタンを押します。

今回は、安全ガード定規ということで、「定規」で「安全」をキーワードにして調べてみます。

​2つの言葉の間にはスペースを入れます。

 

▲検索キーワードを入力▲

 

▲検索方式をANDにして検索▲

ヒット件数が表示されたら「一覧表示」をクリックします。

 

▲ヒット件数が表示されたら「一覧表示」をクリックします▲

すると、検索結果の一覧が表示されるので、発明の名称をチェックしていきます。


考えているアイディアに近そうな名称の文献があったら、文献番号をクリックします。

 

▲検索結果の一覧▲

 

▲参考になりそうな「発明の名称」を探して「文献番号」をクリック▲

選択した文献の詳細や図が表示されるので、
参考になりそうな特許であれば、FIをチェックします。

WEB上では「国際特許分類」>「FI」に記載されています。
下記の例では、「B25H 7/02 Z」、「B43L 7/00 B」になります。

 


 

 

▲文献のFIをチェック▲

<参考>文献PDFの表示・保存方法


参考になる文献を自分のPCなどに保存して、後でじっくりと読みたい場合、
PDFファイルで表示して、自分のPCに保存することができます。

 

まず、選択された文献画面の右側「文献単位PDF表示」をクリックします。
 

 

 

▲文献のFIをチェック▲

 

▲文献単位PDF表示ボタンをクリック▲

すると、認証用番号を入力する画面が出てくるので、


表示されている数字を半角数字で入力し、「送信」ボタンを押します。

 

 

 

▲文献単位PDF表示をクリック▲

 

▲認証用番号を入力して送信ボタンをクリック▲

文献のPDFが表示されます。


※文献のページ数によっては、表示されるまでに時間が掛かることがあります。

 

文献が表示されたら、「右クリック>名前をつけて保存」で自分のPCなどに保存します。
 

※文献が表示される前に保存をしようとするとうまく保存できないことがあるので、
表示されるまで、気長に待ちましょう。

 

ちなみにPDF表示の場合、FIは表紙の上部中央に記載されています。
 

下記の例では、WEB上の表示と同じ「B25H 7/02 Z」、「B43L 7/00 B」になります。
 

 

▲文献PDFが表示されるので、右クリック>名前をつけて保存▲

(2)パテントマップガイダンス(PMGS)のページでFIを検索する

 


 

トップページ、もしくはキーワード検索のページから、

パテントマップガイダンス(PMGS)というFIを調べるページにいって調べます。

 

▲トップページからパテントマップガイダンス(PMGS)へ▲

 

▲特許・実用新案検索ページからパテントマップガイダンス(PMGS)へ▲

 

▲特許・実用新案検索ページに進み、画面の一番下へスクロール、パテントマップガイダンス(PMGS)へ▲

 

(3)FIを入力して、分類内容を調べる。

パテントマップガイダンス(の検索ページ)に行ったら、さっそくFIを入力します。
「B25H7/00 Z」の場合、下図のように、Zの前に「@」を入力しないと検索でエラーが出てしまいます。

 

入力した値と同じ、もしくは近い階層のFIの説明が表示されます。
今回の場合、「B25H7/00@Z」は、

「工作物の印付け~」の「Zその他」に分類されており、あまり関係なさそうです。

 

そのため、一旦、先程のパテントマップガイダンスの検索ページに戻り、

今度はFI欄にもう一つのFIを調べるために「B43L7/00@B」と入力して「照会」します。
すると、「B43L7/00 B」は、「直線定規~」の「直定規」なので関係が強そうです。

ただし、ピックアップした「B43L7/00 B」という分類だけでは、
対象を狭めすぎているので、もう少し対象の範囲を拡げます。

 

FIの検索結果をもう一度見てみます。


階層を一つ上げたところ((B43L)7/00、7/02、7/027、・・・)を見ると、
内容はT定規だったり、ローラーを持つものだったりするので、
今回はあまり関係がなさそうです。

そのため、今回はFI「B43L7/00」に分類される特許や実用新案を検索します。

△△△ ページトップへ

参考、類似の特許から特許分類コードFIの見当をつける
「特許分類コードFIの抽出」
特許分類コードFIの抽出ができたら
「FIを使った特許・実用新案のキーワード検索​」
特許、実用新案の検索ができたら
「検索結果一覧からの特許の絞り込み」
​​オフラインで読める!
無料 PDF版 ダウンロード
※メルアド登録をお願いしています。

About

ろむーん Romoon

​Idea for Smile! アイデアで笑顔を創る をミッションに、複数のメーカーで商品開発18年。現役工業デザイナー。

Contact

ご質問・ご相談

​何を質問すれば良いかわからない!といったご相談からお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください

Twitter

Copyright Romoon ろむーん | romoon.h+homepage@gmail.com